スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ダイエットしてサイズダウンしたときは?
サイズダウンした場合について、少し書かせていただきます。

サイズの違いは、肩から脇の部分です。

衿ぐりの大きさは、多少の変動はあっても
プリーツのファジーさの性格があるので、
型紙上ではほぼ全サイズ同じです。

衿ぐりを広くしたいというご要望がない限り、同じ衿ぐりで仕立てています。

もし、大きなサイズダウンがあった場合は、肩から袖下までを
身幅に合わせて長くスライドさせた分をカットするという方向になります。

サイズが大きくなるにしたがって、袖下の部分がずっと脇に張り出していく感じです。
肩の幅はほとんど変わりませんから、身幅分が袖下のところで横にスライドしていくわけですね。

ですので、スライドさせた分を取ってしまえば、サイズダウン完了というわけです。


■サイズダウンした場合の、補正のこと
ただ、バストやヒップの補正を入れて
上がってしまわないように修正して作りますので

サイズダウンした場合は、
前後が多少長くなるという傾向は多少出てしまうと思います。

大きい人では
前が9センチほど補正が入るお客様もいらっしゃいますが、
ダイエットの結果、バストサイズだけが平らになるということは少ないので、補正分の数字がそのまま、全部の分量が垂れ下がると考えるには無理があると思いますので、多少長めになる程度だと考えています。

脇が短めというのは、服としておかしいデザインではないので
多少長くなっても問題は感じられないと思います。

今、ダイエットをされて頑張っているけれど、
お洒落の場にもでるご予定があるというお客様で、悩んでいらっしゃる方はいらしたら、どうぞ私に仕事をさせてください。

ダイエットが成功した暁には、私も応援している気持ちとして
お直しをさせていただきます^^

無償でというのは無理としても、高額な直し代は戴いておりませんので
どうか、お任せいただきたく、ご相談ください。
お待ちしています。
スポンサーサイト

テーマ:Lサイズ&大きいサイズ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2006/08/27】  この記事のURL | サイズダウンしたとき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。